RICCI EVERYDAY

 

UGANDA BLOG

UGANDA

behind the scenes: グレースのその後

ウガンダの会社の第1号スタッフであるナカウチ・グレース。ちょうど3年前、私が事業を開始する直前に彼女の家を訪ねる機関がありました。

 彼女は4人の子供を抱えたシングルマザー。レンガむき出しの家に案内され、数羽のニワトリが室内で飼われているのを目にした時には驚愕しました。

 当時彼女は、畑仕事などのわずかな収入で豚を飼い始め、大きく育ったところで売ることで、子供たちの学校の授業料を工面していたそうです。それでも継続的に学校に行かせることは難しく、他の家の子が毎日学校に行っている姿を家で眺めていた子供たちに本当に申し訳ないと、自分を責める日々を送っていたと言います。

 しかしグレースがスタッフとして働き始めて3年たった先日、彼女の家を再訪すると、以前とはまったく違う光景が飛び込んできました。レンガむき出しだった家はコンクリートで補強され、当時はなかった冷蔵庫やテレビが所狭しと置かれていました。そして今では子供たちは継続的に学校に通え、中でも長女のハミダは学校内で5番目の優秀ぶりで、来年には判事になるべく大学入学を考えています。

 それら変化を見ただけでもうれしかったのですが、それ以上に、その変化について自信を持って語るグレースの姿を見られたことに感動しました。私がやりたいこと、それは自信を備えた自立的な女性を一人でも多く生み出すことなんだと改めて確信した瞬間でした。

*こちらは12月19日の静岡新聞に掲載されたコラムを転載しています

page top