RICCI EVERYDAY

 

CONTENTS

SHOP'S COLUMN

No More Plastic Please

こんにちは、RICCI EVERYDAY The Hill(直営店舗)メンバーの吉田です。

雨が降ったり、止んだりとあまりすっきりとしないお天気が続きますね。

でも、直営店ではそんなお天気にも負けないくらいカラフルで元気いっぱいのアイテムに出会うことができます。
本格的な夏を迎えて、夏らしさいっぱいのバッグを持つ姿を想像してお買い物するのもワクワクしますね。

クラウドファンディングのリターンとして好評を頂いたエコバッグ

さて、今回のブログでお伝えしたいのは、直営店舗での「包装有料化について」です。

皆さんは普段のお買い物の際、こんなに過剰に商品をラッピングしなくてもいいのにな、と思ったことはありませんか?
そのラッピングの多くで使われているのがプラスチックです。

近年、生活のあらゆるところにあるプラスチック製品
それらが環境に与える影響は私達の想像以上に大きく、深刻です。

 

①海洋プラスチック問題

海洋プラスチックの多くは完全に自然分解するまでに数10年、長いものでは600年もの年月を要し、その間海に漂い続けます。

さらに、多くのゴミは小さな粒状になって世界中の海底に沈んでいきます。これが、いわゆるマイクロプラスチックと呼ばれるもので、海の生物や人間に悪影響をもたらす可能性があるのです。

②温暖化
プラスチックの中には、石油から作られているものも多くあります。

現在、気候変動への関心の高まりから少しずつ石油産業が見直されている中、プラスチックは生産過程で、多くの石油を使用しています。

また、廃棄後のプラスチックは燃やされることによって大量の有害物質を出します。

他にも温暖化の進行にプラスチックが関係している可能性が高いという見解は様々な研究で示されています。

このように地球に大きな影響をもたらしているプラスチックの削減に向けて、RICCI EVERYDAYとして私達に何ができるのか。この問いから始まったのが、「包装有料化」です。


導入が始まったRICCIのショッパー(紙袋)

現在、通常包装には50円/ ギフト用(紙袋)は100円 / ギフト用(紙箱)は200円 の追加料金を頂戴しています。

この取り組みによって、より多くの人に環境と身の周りのプラスチック製品、そして過剰包装が行われている状況について、考えていただくきっかけになれば嬉しいです。

これからも、RICCI EVERYDAYは地球にも人にも優しい取り組みを、自分たちにできるところから積極的に行っていきたいと考えています。

そんな想いを少しでも感じながら、店内でのお買い物を楽しんでいただければ嬉しいです。
スタッフ一同、お店で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

お買い物の際には、ぜひエコバッグをお持ちください!

 

 

page top