RICCI EVERYDAY

 

CONTENTS

FOUNDER'S COLUMN

2020 SS新作のご紹介

  

こんにちは、RICCI EVERYDAY代表の仲本です。
今日はメンバーに代わり、私から2020SS新作を一部ご紹介させていただきたいと思います。これまでとはちょっと違った、新しいRICCI EVERYDAYをお楽しみください。

まずご紹介するのは、ペーパービーズ・カラフル・バッグです。

お財布、携帯だけでなく、ポーチなどもしっかり入るお出かけバッグです。普段使いでもいいですし、パーティーや結婚式のバッグとしてもオススメです。


RICCI EVERYDAY創業当時、間借りしていた小さな工房の近くに、同じくものづくりをしていた団体がいました。4AFRICAといいます。

そこではプラスチックではなく、リサイクルペーパーを利用して、一つひとつの手作りしたビーズを繋ぎ合わせ、バッグに仕立てていました。
(その作業といったらもう、、、バッグ一つを作るのに1週間近く掛かるんです!)

コンセプトもデザインも素敵で、いつかコラボできたらいいなと考えていたところ、オーナーから賛同いただき、今回共同デザインのバッグが出来上がりました。
先日工房を訪問させていただきましたが、作り手である女性たちは、時折、周りの女性たちとおしゃべりしながら、淡々と、でも丁寧に仕事に取り組んでいました。


彼女たちの手仕事を、一緒に大きく育てていけたらいいなと考えています。


続いてこちらのかごバッグ。フルーツ・クロシェット・ミニバスケットと言います。
最近トレンドの小さなサイズで、お財布と携帯だけのちょっとしたお出掛けにピッタリのバッグです。
春夏になるとかごバッグの出番が多くなりますが、人とは違う、ユニークなかごバッグを持ってみませんか。


こちらのバッグは、毎週金曜日にウガンダの首都カンパラにある大きなモスクの裏側で開かれる民芸品のマーケット”Friday Market”で、一人の女性と出会ったことがきっかけで、生まれました。

なにやら素敵なかごバッグを作っているではないかと色々聞いてみると、この編み方はウガンダ特有のデザインだそう。バナナの葉っぱやラフィアを主な材料として作っているそうです。
ただ初めて見たものは、サイズが大きかったり、色味がちょっとイマイチなものだったりと、納得いかない点がいくつかありました。
そこでこちらからイメージを伝えて、サンプルを作ってもらい、今回のサイズや形が実現したわけです。

春からは2サイズで展開予定です。


最後は、サイザル・ツートーン・マルシェバッグ

ケニアのサイザルバッグは日本でも見る機会が多いかと思いますが、こちらはEudiaというウガンダのブランドの製品で、2トーン配色が特徴的なバスケットです。この色使いに魅了され、ブランド・ディレクターのルイーザに声をかけ、一緒に何かできないか模索することになりました。
まずは彼女の製品を仕入れ、日本のお客さまに紹介することに。さらに実は今、新たな商品も一緒に開発しているところです。こちらもどうぞお楽しみに!

サイザル・ツートーン・マルシェバッグはサイズが大きいので、お出掛けバッグとしてだけでなく、食材のお買い物やビーチや旅行に行く時など、用途がいかようにもあるのがいいかなと。
また自宅のインテリアとして取り入れてみるのもグッドです。ランドリーバッグや収納かごとして活用できるかと思います。お部屋がパッと華やぎますね。

いかがでしたか?
アフリカンプリントだけでなく、ウガンダの様々な素材を活用したカラフルなバッグたちを、皆さまにお届けできるように頑張ります!
2020SSの新作は実はこれだけでなく、たくさんありますので(笑)、そちらも順次ご紹介できたらと思います。

また、1月24日(金)から2月2日(日)まで、RICCI EVERYDAY The Hill及びオンラインストアにて、新作の受注会を行う予定です。
製品の実物を見てみたい、実際に持ってみたいという方は、ぜひ店頭までお越しくださいませ。新しい布のお洋服もご紹介していますので、そちらも合わせてお楽しみくださいませ。

皆さまのお越しを、スタッフ一同お待ちしております!

RICCI EVERYDAY The Hill
東急東横線 代官山駅 中央改札より徒歩4分
東京都渋谷区猿楽町24-1 ROOB2 2C
03-6455-2446

 

page top