RICCI EVERYDAY

 

CONTENTS

FOUNDER'S COLUMN

今私たちにできること

 

RICCI EVERYDAYコミュニティのみなさま

 

こんにちは。RICCI EVERYDAY代表の仲本千津です。

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、みなさんも不安な思いをしながら生活をされていると思います。

みなさんにカラフルでプレイフルな製品を提供し、毎日が少しでも明るく華やぐお手伝いをさせていただくことを目標に、これまで事業を行ってきた私たちにとって、今のこの閉塞感と不安とで押しつぶされそうな状況は、非常に辛いものがあります。

出口の見えないトンネルをひたすら走っているような感覚。

このウィルスとの戦いは、予想以上に長期戦になるような予感が拭えない、今日この頃です。

 

情報は日々更新されてはいますが、今私たちにできることは、できる限り出歩かず、人との接触を最小限にとどめること。

これ以上の感染拡大を防ぐためにも、誠に勝手ながら、本日4月4日(土)から12日(日)まで、RICCI EVERYDAY The Hill代官山直営店舗を臨時休業とさせていただくことを決断しました。

ご来店を予定されていたお客さまには、残念な思いをさせてしまうこととなり、申し訳なく感じている次第です。

今後オンラインストアにも、直営店舗と同様な品揃えを実現していく予定ですので、少々ご不便をお掛けいたしますが、お待ちいただけましたら幸いです。

 

***

またこの新型ウィルスの影響は、店舗だけでなく、ウガンダの工房にも影響を及ぼしつつあります。

先月末ウガンダの大統領は、公共交通機関や自家用車の使用を禁止し、企業の営業活動をストップするよう、国民に要請しました。

当社もこの要請を受け、4月1日より直営工房での生産活動を停止し、現地のスタッフは自宅待機となっています。

一応「14日間」という期間は設定されていますが、増え続ける感染者数や他国の対応を見る限り、この自粛期間は今後延長されるのではないかと考えています。

当社としては工房の営業はできなくても、従業員の雇用と生活、健康を守ることを第一に、日々連絡を取りながら対応に当たっています。

みなさんには、本来であればタイムリーに春夏の新作やアケロバッグシリーズの新柄をご紹介すべきところ、新規生産が難しい状況となっておりなかなか叶わず、申し訳ござません。

まずは4月14日にされるであろう政府発表を待ち、今後の対応を検討しいきたいと思います。

 

 

***

私はこの事業をスタートしてからの4年半、一人ひとりの個人がもつポテンシャルの凄さに魅了されてきました。

もともと仕事がなく、自信もなかった女性が、仕事を得て家族を支え、自信に満ち溢れるようになったこと

 

60歳手前までビジネスの現場に足を踏み入れたことさえもなかった人が、今では代表として、従業員の精神的な拠り所となっていること

 

様々な問題を乗り越え、パラレルキャリアを実現し、自分の好きなことを追求している人

 

ひとりが本気で行動変容を起こしたら、周辺にいる人を変え、環境を変え、良い影響を及ぼしていくんだということを、上記の人たちを間近で見ながら実感しました。

 

全ては、今この瞬間何をすべきかを考え、正しいと思うことを行動に移していくこと。

 

これ以上の感染拡大を防ぐべく、私も今できることを皆さんとともに実践していきたいと思います。

Stay home and be happy.

 

仲本千津

page top