ファッションで社会課題の解決を目指すRICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)で、マーケティングインターンを募集!

RICCI EVERYDAY のウガンダメンバーの様子(右端:学生インターン)



RICCI EVERYDAYというファッションブランドの代表をしています、仲本千津です。

RICCI EVERYDAYは、「”好ましい”より、”好き”を。」をコンセプトとし、世界中の女性が社会的通年や固定観念を乗り越え、本来のありたい姿を見出し実現することができる世界を目指すファッションブランドです。カラフルなアフリカンプリント(生地)や現地の様々な素材を使用したバッグや雑貨を、ウガンダの直営工房で製造しています。商品は世界中で販売しており、カラフルなアイテムの中から、「宝探し」のようにあなただけの”好き”を見つける、ワクワクと驚きに満ちた体験を提供しています。



ウガンダの女性との出会い

私は5年前ウガンダで、ある4人の子供を育てるシングルマザーと出会いました。

安定した働き口を見つけるのがとても難しいウガンダ。

当時、彼女にはウガンダの平均収入を大きく下回る金額しか収入がなく、子どもたちを満足に学校に行かせることができませんでした。彼女はそのような状況が生じてしまうのは、教育を受けていない自分のせいだと、自責の念を強く抱いていました。

ウガンダは名門大学を出ていても就職率は約20~30%と、若年層がまともな職につくことは非常に難しく、大きな社会問題となっています。高等教育を受けられなかった女性たちが職を得ることは難しく、子供を育てながら生活していくために、道端で食べ物を販売したり、工場の工員として低賃金で劣悪な環境下で働く人がほとんどでした。


ウガンダ首都カンパラのローカルマーケットでランチを売る女性


RICCI EVERYDAYの取り組み

このような現実に対し、女性たちが誇りを持って安心して働ける場があったらいいのではないか。女性たちの才能を開花させ、仕事を通じてより豊かな生活を送れるような環境を作りたい。そんな思いでRICCI EVERYDAYを立ち上げました。


ウガンダに構える直営工房での生産の様子


私が最初に出会ったシングルマザーの女性は当社の第一号社員となり、5年が経った今では子供たち全員を学校に通わせ(そのうち二人は大学生です)、以前はレンガむき出しの壁に囲まれていた彼女の家も、コンクリートでしっかりと補強されるなど、この5年間で大きな変化を見ることができました。

そして彼女自身が、当社のスタッフであることに自信を持って働いている姿を見ることが、私のこの事業へのモチベーションとなっています。



現在、ウガンダは22名(生産スタッフ:17名、販売スタッフ:2名、アドミン業務:3名)、日本は12名(バックオフィスチーム:3名、オンラインチーム:4名、直営店舗チーム:5名、他外部チーム)で運営しています。

ガーナやウガンダを中心に原材料を調達し、ウガンダの直営工房で縫製を行い、最終加工品を日本に輸出しています。

製品は、自社オンラインストアと2019年5月に代官山にオープンした直営店舗、そして日本全国の大手百貨店でのポップアップストアやセレクトショップを中心に販売しています。


アフリカンプリントでお客さまにワクワクを届ける、マーケティングインターン募集!


RICCI EVERYDAYは、“好ましい“より“好き“を選び、ワクワクしながら自分らしさを見つける場。

アフリカンプリントを通して、世界中の女性たちが社会的通年や固定概念を乗り越え、本来のありたい姿を見出し実現できる世界を目指しています。

現在、日本での販売は、オンラインストアと代官山にある直営店舗が中心です。

そこで今回は、日本のお客さまにアフリカンプリントの魅力やものづくりストーリーを伝えていく、マーケティング専門のインターンを募集します!(※日本国内でのインターンとなります。)



仕事の内容は大きく分けて、代官山にある直営店舗の企画・運営業務と、オンラインストアやブログなどの企画・運営業務の二つです。その他、面談を通じて応募者のみなさんの希望や適性を見ながら、業務内容を決めていきます。

<詳細>

▼今回募集するマーケティング専門インターン業務の内容例

・直営店舗の運営(対人販売、KPI管理、在庫管理etc)

・店舗でのイベント企画・運営

・ウェブサイトのコンテンツ企画・運用

・オンラインストアの運営(納品管理、ビジュアル準備etc)


※業務内容は変更の可能性あり

 

RICCI EVERYDAYのオンラインストア


代官山直営店舗の様子


▼勤務形態

・オンラインミーティング

・週12時間ほどのリモートワーク

・直営店舗のシフトに入っていただきたく、1日6時間/週2日ほど入れる方を優遇します。


※ウガンダ国内ではなく、日本国内での活動になります

 

▼募集人数

・1~2人

 

▼こんな人に向いています

・自分で考え、提案し、実行していくことができる

・仕事におけるセルフマネジメントができる(リモートワークのため)

・業務遂行において必要な報連相ができる

・細かいところに気づき、改善することができる

・目標達成に向けて、自ら情報を獲得し、行動にうつすことができる

・文章を書くことが得意

 

▼応募要件

・RICCI EVERYDAYの理念に共感していること

・成果にコミットする意識があること

・大学生、大学院生であること

・週15時間ほどコミットできること

・1年以上継続できること

 

▼待遇

応相談

交通費を実費で支給します


インターン生(卒業生含む)の声


津田塾大学 Sさん

「大学では国際関係学や開発学を学んでおり、『自分はどうアフリカと関わりたいのか』と思いあぐねていた時に、RICCI EVERYDAYの理念に感銘を受け、門戸を叩きました。インターンではウガンダでのビジネスを垣間見ることが出来、そこで得た経験は、自分の将来を考え直すきっかけとなりました。自分次第で何でも挑戦させていただける環境もありがたかったです。」

 

東京大学 Wさん

「ビジネスを通じた社会課題の解決に関心があり、RICCI EVERYDAYの『世界中の女性が自らのポテンシャルに気づき、意志と誇りをもって生きる世界を実現することを目指す』という理念に共感し、インターンを志望しました。主に直営店舗の運営に携わっていますが、自身の働き一つでお店の様子が変わっていくのを見ると、非常にやりがいを感じます。インターンを通じて、私自身も意志や誇りを持って生きることができるようになってきたように思います。」

 

上智大学 Kさん

大学でアフリカ地域研究を専攻し勉強を重ねていく中で、新たなアフリカの一面を自身の行動とビジネスを通して知りたいと思い、インターンに携わらせていただくことになりました。

主に直営店舗運営に携わる中で、お客様の表情がワクワクしたものに変わる時、商品が手元に届くまでのストーリーを伝え、新たな発見を持ち帰ってくださる瞬間を前にした時、商品が生み出すブランドとお客様の繋がりをいつも感じていました。インターンを通して、ビジネスに対する固定概念が良い意味で大きく崩れたことも私の中で大きな出来事です。スピード感のある環境の中で目的を明確にしながら行動することで、自分自身もっと成長していきたいという気持ちとともに、アフリカをより身近に感じ、ブランド理念を追求する意志をもって活動することができているように思います。」



▼応募の流れ

まずは、以下のアドレスにメールをお送りください。

数日以内にこちらから個別座談会の日程調整のご連絡をさせていただきます。

 

アドレス:work(アットマーク)riccieveryday.com

件名:【RICCI EVERYDAY】学生インターン応募

 

内容には、お名前、学校名、学年、連絡先、興味を持った理由(簡潔に)を記載してください。

 

選考プロセスは以下の通りです。申込みから結果通知まで、2週間程度を想定しています。

 

①メールにて個別座談会のお申し込み

②個別座談会の実施(オンライン)

③履歴書、志望動機の提出

④代表仲本・チームリーダーとの面接

⑤結果通知

 

採用人数に達し次第、募集は締切ますので、ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

 

女性のエンパワメントやサブサハラ・アフリカ全般にみられる雇用問題など、社会的意義のある事業に貢献したい方、ベンチャーならではのスピード感で結果を出すことにコミットしたい方、アフリカンプリントにワクワク感を感じる方、ぜひ一度お話しましょう!



ご参考:メディア掲載

2020年12月7日 NEWS23

「コロナ禍のシングルマザーを救え 日本人起業家の挑戦」

https://youtu.be/calRhSHj1tY 

 

2020年7月23日 NEWS23

「シングルマザーに輝ける場所を・・・社会起業家の想い」

https://youtu.be/bSVPzQZ22LI 

 

2020年1月17日Mashing Up

「バッグを手に取ることで、自分の軸を思い出して」

https://www.mashingup.jp/2020/01/riccieveryday.html

 

2019年9月6日報道ステーション・2019年9月13,14日Abema TV

「幸せを運ぶバッグ~アフリカを支援する日本人女性」

https://youtu.be/_lB7wbSX6qk