【2020年12月14日】直営工房職人特集!

こんにちは。
RICCI EVERYDAY The Hill(代官山直営店舗)メンバーの真崎宏美です。

今回は、直営工房職人特集と題して、ウガンダの工房で働くスタッフにインタビューを実施し、仕事への思いやものづくりの魅力について語ってもらいました。レザー加工担当者と仕立て担当者合わせて13名に、RICCI EVERYDAYとの出会いや現在の仕事を始めての変化、今後の展望などを伺ったので、その様子をご紹介します!


1. どうやってRICCI EVERYDAYと出会ったの?
2. 製品を作っている時に気をつけていることは?
3. RICCI EVERYDAYで仕事を始めてどのような変化があったの?
4. 将来の目標や夢は?

 

1. どうやってRICCI EVERYDAYと出会ったの?
多くのスタッフは、服飾・手工芸品の職業コミュニティや組合、女性のコミュニティなどで、RICCI EVERYDAYのスタッフと知り合い、今の仕事と出会ったことを語ってくれました。

ウガンダには、女性支援のコミュニティが多くあり、そこで女性が職業技術を習得するために、レザー加工や手工芸品の製作技術などを教え合うワークショップが行われています。そのような場所でワークショップに参加する女性の中には、日々どのように生計を立てるべきか、子どもをどうやって養っていくかなどと言った貧困の課題に直面している人も多くいます。

それまで、自分の才能や能力を生かせることが何かを模索しながら、子どもを抱えた日々の生活を支えるために必死だった彼女たちは、RICCI EVERYDAYのスタッフに現在の仕事を紹介してもらった時のことを鮮明に憶えていると話してくれました。

また、男性スタッフやある女性スタッフは、家族の仕事をきっかけに現在の仕事を知ったと話します。彼女たちの母親や兄妹から工房の職人の仕事を聞き、関心を持ったのがきっかけだと話してくれました。

このように、彼らが地域のコミュニティでの繋がりや家族からの紹介を通して、RICCI EVERYDAYを知り、興味を持ってくれたことがきっかけで、日本に届く製品がつくられていることを考えると、とても感慨深いものがありますね。


2. 製品を作っている時に気をつけていることは?
様々なきっかけでRICCI EVERYDAYに出会ったスタッフに、商品の製作に関して気をつけていることや工夫している点について聞いてみると、多くのスタッフから、「自分の手でつくる商品自体の魅力を引き出すこと」や「日本や世界でこの商品を使ってくれているお客様のこと」を考えた答えが多く挙がりました。

商品自体の魅力に関しては、多くのスタッフは、商品の品質をより良く保ち、RICCI EVERYDAYの商品を気に入ってもらうために、ミシンの縫い目やつなぎ合わせの部分など、細かい箇所がずれないように気をつけて製作していると話してくれました。

また、製作過程で商品自体の魅力や、ものづくりの奥深さを再発見することも多いようで、ある女性スタッフは「商品一つ一つが、最初から最後まで全て自分たちのアイデアでできていることに、毎回誇りを感じることができる」と話してくれました。

また、スタッフたちは、自分たちの手で作られた製品を通して、日本のお客様に思いを馳せることも多いようです。

あるスタッフは「自分たちが作った製品が海を越え、日本のお客様の手に取ってもらう時や日常生活の中で愛用されている時、どんな風に使われているのか想像するのが楽しい」と教えてくれました。

普段遠い国ウガンダにいる工房スタッフたちですが、心は常に日本にいる私たちと繋がっていることが感じられますね。


3. RICCI EVERYDAYで仕事を始めてどのような変化があったの?
RICCI EVERYDAYとの出会いのきっかけは、スタッフによって多様でしたが、RICCI EVERYDAYの仕事を通して、彼女たちにはどのような変化があったのでしょうか。

まずスタッフの答えで最も多かったのは、「技術の習得」に関する回答でした。

ある女性スタッフは、RICCI EVERYDAYで働く前と比べて「お客様が求めている高品質の製品を作り出せる技術が身についた」と教えてくれました。その技術の習得を実感しながら、もっと自分の技術を磨きたいと感じるようになったそうで、自信と向上心が身についたことが回答からも感じられました。


また、仕事の技術以外にも、彼女たちの生活に色々な変化をもたらしたようです。スタッフの多くは「RICCI EVERYDAYの仕事を始めてから、自分の仕事で子どもに教育を受けさせることができ、毎日食事を与えることができるようになった」と教えてくれました。

彼女たちは、現在の仕事を通して、母親としての役割を全うできる喜びや、自分の存在意義を再確認することができることが本当に嬉しいようで、インタビュー中の声はとても弾んでいて、こちらまであたたかい気持ちになりました。

RICCI EVERYDAYでの仕事を通して経済的に自立することで、家族の中での自分の立ち位置についても見出すことができているのは、とても印象的ですね。

4. 将来の目標や夢は?
最後に、将来の目標についても伺うことができました。

多くのスタッフは「今の自分の技術をもっと上達させて、自分の作った製品がウガンダや日本だけでなく、より多くの地域の人々の元の手に届いて欲しい」と話してくれました。また、あるスタッフは「自分のアイデアを存分に生かした製品をより多く生み出し、インパクトを与えたい」と、パッションと創作意欲溢れる回答をくれました。

このように、技術を習得し生活が安定していくことで、より高い目標を掲げながら日々の製作に努めているスタッフがウガンダにも沢山います。彼女たちに想いを馳せながら、日々の生活でアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。

<コロナ対策を徹底し、営業しております!>
スタッフは検温の実施および、マスク着用の上みなさまをお迎えいたします。
ご来店いただいた際には、ドア付近にあるアルコールジェルでの消毒にご協力お願いいたします。

<ご来店の事前予約、オンライン接客サービスについて>
現在、直営店舗では遠方にお住まいのお客様にもお買い物を楽しんでいただきたく、LINEビデオ通話にてオンライン接客サービスをご案内しております。
また、店舗に直接ご来店いただく際には事前のご予約をお願いしております。当日のご予約も可能です。ご希望の時間帯の1時間前までにご予約くださいませ。

以下のリンクより、ご来店の事前予約・オンライン接客サービスの予約をしていただくことができます。
ご来店の事前予約・オンライン接客サービスはこちらから

 

RICCI EVERYDAY The Hill
東急東横線 代官山駅 中央改札より徒歩4分
東京都渋谷区猿楽町24-1 ROOB2 2階C 03-6455-2446